入居者を集めるために|増えてきている一棟売りアパート【安い価格でも販売している】
住宅模型

増えてきている一棟売りアパート【安い価格でも販売している】

入居者を集めるために

女性

賃貸物件の条件と家賃

賃貸経営において、最も重要なことは入居者を集めることです。利益をもたらしてくれるのは入居者なので、賃貸経営では入居者が集まるようなサービスを提供することが大事なのです。そして多くの入居者が、立地や間取りや設備をチェックして、賃貸物件を選んでいます。同程度の条件だった場合には、より家賃が安い方を選択する人がほとんどです。家賃相場よりも安い賃貸物件の場合、立地や設備などの条件に多少の難があっても、選ばれることがあります。逆に、どれほど立地や設備などの条件が良くても、家賃相場よりも家賃が極端に高い場合、入居者が集まりにくくなります。したがって賃貸経営では、家賃相場を考慮しつつ、それを大きく超えない範囲で設備面の充実などをはかっていく必要があると言えます。

不動産の専門家に相談

家賃相場は、不動産の専門家に相談することで、教えてもらえます。相談相手として特によく選ばれているのは、不動産鑑定士です。不動産鑑定士なら、家賃相場に詳しい上に、賃貸物件の価値を見定めることもできます。価値がわかれば、その賃貸物件に適した家賃を設定しやすくなるのです。また、不動産会社や賃貸管理会社と契約するというケースも多くあります。不動産会社も賃貸管理会社も入居者募集のプロですから、契約すれば、入居者が集まりやすいように家賃設定をしてくれる上に、その賃貸物件の宣伝活動もしてくれるのです。もちろんいずれの場合も手数料の支払いが必要となりますが、その分入居率は高まります。それにより利益が増えたり安定したりすれば、かえって賃貸経営のプラスとなるのです。